歯周組織(はぐき)におこる病気を一括して歯周疾患(歯周病)と言います。虫歯と並んで“口腔の2大疾患”と言われるほど、多くの人がかかっている病気です。
 この病気はきわめて慢性の経過をたどるため、発見が遅れやすく、末期的な症状になってから受診することが多いようです。また、従来は大人に特有のものとされてきましたが、最近では低年齢層で歯槽骨まで病変が進行する“若年性歯周病”が増えつつあります。
 しかし、歯周疾患はよく観察すれば、自分で見つけることが出来ます。また、歯みがきで改善出来る病気です。早期発見、早期治療が大切です。

​powerd by  西条市歯科医師会