C0 (脱灰) ​      虫歯の前段階。エナメル質の成分が溶け出した状態です。​​

C1(エナメル質の虫歯) エナメル質には知覚がないので、自覚症状がほとんどありません。

C2(象牙質の虫歯)   象牙質に進行するため、冷たいものや甘いものがしみはじめます。

C3(歯髄まで進んだ虫歯) 歯髄が炎症を起こすため、激痛が生じます。

C4(歯根まで進んだ虫歯) 病巣が歯根まで進行して、歯根膜に炎症が起こります。

 C0の状態であれば、歯磨きや食事などに気を付けることで、「再石灰化」させ健全な歯に回復させることができます。

 逆に少しでも虫歯の穴が開いてしまう(C1以上)と、その穴が自然にふさがることはありません。

虫歯になってしまった場合も、初期の虫歯(C1)であれば、痛みなく充填処置のみで治療でき、治療回数や治療費用が少なくてすみます。虫歯が進行してしまうと、象牙質(C2)さらに歯髄(C3)に達し、治療が難しく大掛かりになります。

​powerd by  西条市歯科医師会