​お知らせ

県では、感染拡大を抑えるため、1月8日以降を「特別警戒期間」として行動自粛要請等を行ってまいりました。
その後、皆様の賢明な対応の結果、感染は減少に転じ、県内の感染状況は、確実に沈静化の流れにあると評価できるため、「特別警戒期間」は3月1日(月)をもって終了することとなりました。
ただし、

 

○緊急事態宣言下にある首都圏等からの感染の持ち込み、持ち帰りリスクには依然として警戒が必要であること。
○医療提供体制への負荷は相当程度軽減されたが、入院患者数の状況について今しばらく注意が必要であること。

から、当面の間は、引き続き「感染警戒期」として警戒レベルを維持します。

 

「特別警戒期間」中にお願いしていた、各種要請については、県知事としての協力依頼レベルに引き下げるとともに、会食における4人以下の人数制限も解除することとしますが、

 

○感染拡大地域(特定都道府県)への不要不急の往来や出張の自粛については、引き続き、法に基づく要請として継続すること
〇年度替わりの恒例行事等(歓送迎会、卒業旅行、転居等)による感染リスクに、特に注意すること
〇決して油断することなく、マスクの着用など、基本的な感染回避行動を徹底すること

 

など、主な感染回避行動に関しては、特に徹底して実践していただくようお願いします。

​2021/3/2

西条市でのコロナワクチン接種は、16歳以上の西条市の住民基本台帳に登録されているひとが対象です。

厚生労働省では、現時点で次のような順でワクチン接種を予定しています。

  1. 医療従事者等

  2. 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)

  3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方 

  4. それ以外の方

​2021/3/1

現在、県内の新規感染者数は減少傾向にありますが、警戒を怠らず行動の自粛に努めてください。
行動自粛
・感染拡大地域(特定都道府県)への不要不急の往来を自粛
・会食は4人以下の少人数で、長時間を避け、同居のご家族やいつも顔を合わせているメンバーで
​・リスクの高い行動をとっている方や体調不良の方は会食等を控える

​2021/2/13

愛媛県では、2月7日までを「特別警戒期間」としていました。しかし、未だ感染者増加のリスクがあることや国の緊急事態宣言の延長等を踏まえ、「特別警戒期間」を3月7日まで再延長されることになりました。

​2021/2/5

​powerd by  西条市歯科医師会